【東北初】世界に展開するジェラート店「ViTO×IWAIZUMI」に行ってみた。

岩手県岩泉町にある「道の駅いわいずみ」内にイタリアン・ジェラート店がオープンしたとのことで、さっそく行ってみました。
一体、どんなお店になっているのでしょうか?

東北では初出店、世界に展開するジェラート店

「道の駅いわいずみ」内にオープンしたのは、日本のみならず世界中に出店している「ViTO」(ビト)と岩泉ホールディングス株式会社が業務提携した「ViTO×IWAIZUMI」(読み:ビト クロス イワイズミ)というジェラート店。
この店舗は、ViTOのフランチャイズ店ではなく、岩泉ホールディングスの別ブランドとして独自に展開している。

「道の駅いわいずみ」の正面入口から入ると、奥側に見えるのが「ViTO×IWAIZUMI」の店舗となる。

正面入口には、カラフルなジェラートの看板があります。
なんだかワクワクしてきました!

こちらが店内の様子

店内のショーケースには、数十種類のジェラートが並ぶ。

シアトルなどで人気が高い、LA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)のエスプレッソマシンもありました!
現在(取材時)は、ジェラートのみの提供となっていましたが、今後はコーヒーの他にも岩泉ホールディングスが販売している「龍泉洞の炭酸水」を使ったオリジナルドリンクも販売予定とのこと。

これがイタリアン・ジェラートだ!

「ViTO×IWAIZUMI」では、常時18種類の様々なイタリアン・ジェラートを販売。

岩泉産の牛乳を贅沢に使用した「イワイズミルク」、岩泉産の紅ほっぺを使用したフレッシュさが特徴の「岩泉紅ほっぺ」、岩泉ヨーグルトと岩泉産ブルーベリーの絶妙なバランス「岩泉ブルーベリーヨーグルト」など、その他にもここでしか買うことのできないジェラートも販売しています!

ちなみに、スタッフのイチオシは「ブルー ドラゴンソルト」
こちらのジェラートは、「ViTO×IWAIZUMI」でしか買うことのできない限定フレーバーで、龍泉洞をモチーフに考案されたもの。「のだ塩」とミルクのバランスが爽やかなフレーバーに仕上がっている。

実際に食べてみました。

ジェラートは「ダブル(2種類)」「トリプル(3種類)」いずれかで、18種類のジェラートを自由に組み合わせることができます。
画像のような「カップ」または「コーン」どちらにするか、選ぶことができます!(価格については、記事の最後に掲載しています)

今回は、人気の組み合わせ「イワイズミルク×岩泉ブルーベリーヨーグルト」を頂きました。

「イワイズミルク」(右側)
実際に食べてみると、ふんわりとした舌触りに、包み込むようなミルクの甘さがたまらない!ミルクの味は濃いめなのにも関わらず、程よい甘さ。
例えるなら、高級なソフトクリームをさらに贅沢にしたような味。
「ViTO×IWAIZUMI」に訪れたら、これはぜひ一度食べてほしい。

「岩泉ブルーベリーヨーグルト」(左側)
「イワイズミルク」と同じような滑らかな口当たりに、ヨーグルトの程よい酸味が口の中に広がる。
ブルーベリーとヨーグルトの酸味が絶妙にマッチしていて、さらにブルーベリーがそのまま練り込んであることで、果実のようなベリー感もしっかりと感じられる。

気になるお値段は…

ジェラートの販売価格は下記の通り(全て税込み価格)

【コーン】
・ダブル ¥440〜
・トリプル ¥490〜

【カップ】
・ダブル ¥420〜
・トリプル ¥470〜

【ハンドメイドスコーン】
(※取材時はSOLD OUT状態)
・プレーン ¥310
・ブルーベリー ¥350
・黒ゴマ ¥350

ジェラートについては、店内のテーブル席の他に外のテラスでも食べられるようになっています。オープン初日には600人以上・最高4時間待ちの行列をつくり完売状態が続くほど、人気急上昇中のお店となっています。
「道の駅いわいずみ」に訪れた際には、「ViTO×IWAIZUMI」にもぜひお立ち寄りください!


「ViTO×IWAIZUMI」
【営業時間】10時〜16時30分
【定休日】なし

ViTO 公式サイト
https://vitojapan.jp/

岩泉ホールディングス株式会社
https://iwaizumilk.co.jp/


龍泉洞の水 (2L×6本)

価格:¥1,620
(※価格は記事執筆時点のものです)


記事はいかがでしたか?
こちらには記事を読んで頂いた方に最も適した広告が表示されます。

〈スポンサーリンク〉