【お知らせ】Blackmagic Design「BMPCC6K」カメラを導入しました!

  • 2021年5月7日
  • BLOG

映像制作事業を主に行なっている「RE EARTH TV」では、Blackmagic Design社の「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K」(略称:BMPCC6K)というデジタルシネマカメラを新たに導入しましたので、お知らせいたします。

今回導入した「BMPCC6K」カメラとは…

「BMPCC6K」というカメラは、デジタルシネマカメラというジャンルに属するカメラで、最大で6144 x 3456(6K)というサイズの解像度に対応。6Kという高精細な映像を撮影可能です。

さらに、一般的なビデオカメラでは「黒潰れ・白飛び」が起きやすいのですが、この「BMPCC6K」では最も暗い部分と明るい部分のデータがしっかりと記録されてます。
「黒潰れ・白飛び」が起きにくく、低照度な明るさの撮影環境下でもノイズも乗りにくいという特徴があります。

Blackmagic Design社のデジタルシネマカメラなどの製品は、ハリウッド映画やHulu、Amazon Prime作品、テレビ番組の撮影でも実際に使用されております。
そのため、ミュージックビデオや企業紹介ビデオ、YouTubeなどの動画撮影時でも、劇場映画と同じような品質で撮影を行うことができます。

編集ソフトウェア「DaVinci Resolve」について


画像:blackmagicdesign.com

さらに、RE EARTH TVでは創業当初から、Blackmagic Design社の動画編集ソフト「DaVinci Resolve」を導入し、これまで動画編集を行なって参りました。
この編集ソフトは、ハリウッド映画・テレビ番組・CMなどの制作でも使用されています。

新たに「BMPCC6K」カメラを導入したことにより、「DaVinci Resolve」との相性が抜群に高まります。(撮影を行うカメラ・編集ソフトのメーカーを統一することによるメリット)

今後、カメラの各種調整・メンテナンス作業を行なった後、順次撮影現場で「BMPCC6K」カメラが稼働いたします。
「BMPCC6Kで撮影してほしい!」などの要望がありましたら、お打ち合わせの際にスタッフへお伝えください!

記事はいかがでしたか?
こちらには記事を読んで頂いた方に最も適した広告が表示されます。

〈スポンサーリンク〉