【LINE】最新アプデで通話しながらのYouTube再生が可能に!

LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」の最新アップデート(バージョン10.6.5)では、グループ通話中に同時にYouTubeを再生してみんなで楽しめる機能など、ビデオ通話と音声通話機能が大幅にアップデートする。

新機能「みんなで見る」が提供開始

アップデートで加わる新機能「みんなで見る」は、スマートフォンの画面を友達とシェアしたりYouTubeの動画を一緒に見ることができる。
この機能により、離れた場所にいる友達同士でYouTubeの動画を見ながら感想を言い合ったり笑ったり楽しむことができる。
(※YouTubeのみ5月4日から提供開始)

「みんなで見る」機能の使い方は、通話中に画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンをタップし、「画面シェア」または「YouTube」を選択するだけ。

さらに画面表示もアップデート!

グループビデオ通話中に画面に表示される人数は、スマートフォン画面で最大6人、iPad画面では最大9人まで表示される。さらに、任意の人をタップすれば、その人が画面上に大きく表示される。
画面下方部には選択した人以外の顔が一覧で表示し、横にスクロールすれば最大200名の参加者の顔を確認することができる。

そして、音声通話中の画面表示は2種類から選べるようになる。
グループの音声通話中の画面の表示方法が、Grid viewとList viewの2種類から選択できるようになった。
Grid viewの場合は、スマートフォン画面で最大9人分アイコンが一目で見れるように表示され、List viewは参加者のアイコンを縦型のリストで表示。どちらの表示方法でも、上下にスクロールして参加者全員のアイコンが確認できる。
発言している人はアイコンの周囲が緑の枠に囲まれる仕組みとなっており、大人数でも誰が発言しているのか分かりやすくなっています。
リストを見れば、参加者のマイクやビデオのon/offの状態を確認することもできます。

記事はいかがでしたか?
こちらには記事を読んで頂いた方に最も適した広告が表示されます。

〈スポンサーリンク〉