スマホで一眼レフを遠隔操作できるWi-Fiコントローラーが登場!

株式会社Glotureから、一眼レフカメラをWi-Fi化してスマートフォンから遠隔操作が可能になるガジェットが登場しています。

世界最小サイズのWi-Fiコントローラー

「CASE Air」は世界最小サイズのデジタル一眼レフカメラ用のWi-Fiコントローラー。装着することでカメラをWi-Fi化し、スマートフォンやタブレット端末から遠隔操作を可能にするアクセサリー。

タイムラプスやHDR撮影機能などがデフォルトでは搭載されていないカメラにも装着することで、これらの機能を使えるようになる。

遠隔ライブビュー機能も搭載。
カメラから離れた位置から、スマートフォンで画角や撮影シーンを確認できる。
ただし、電波はWi-Fiを使うとのことで通信距離が若干気になるところ…。

「CASE Air」にはホットシューアダプターが付いているため、カメラへの装着も簡単に行うことができる。

「CASE Air」が対応しているカメラはCanonとNikon製品の一部カメラ。
Canonだとプロカメラマンも愛用している「1D Xシリーズ」などのフラッグシップモデルの他に、エントリー機の「Kiss」シリーズにも対応している点は嬉しい!

カメラをWi-Fi化できるアクセサリー「CASE Air」は、
株式会社GlotureのECサイト「GLOTURE.JP」にて販売中!

記事はいかがでしたか?
こちらには記事を読んで頂いた方に最も適した広告が表示されます。

〈スポンサーリンク〉