花巻駅をジャックした作家に迫る!ドキュメンタリームービーが公開に

「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、福祉を起点に新たな文化を創る株式会社ヘラルボニー(以下ヘラルボニー)は、公益財団法人日本ダウン症協会(以下JDS)後援のもと「できない」ことを「できる」ようにするのではなく「できる」ことをさらに「できる」社会の実現に向けてダウン症のある作家・八重樫季良のドキュメンタリームービーを国連制定の「世界ダウン症の日」である3月21日に発表した。

3月21日は「世界ダウン症」の日

ほとんどのダウン症がある人たちには“21”番目の染色体が“3”本あることから「3月21日」が「世界ダウン症の日」として定められました。ダウン症のある人たちがその人らしく、安心して暮らしていけるよう、日本中・世界中でさまざまな啓発イベントが行われています。しかし本年はコロナウィルスが猛威を奮い、予定されていた啓発イベントやキャンペーンは中止が余儀なくされています。そこで福祉を軸とした社会実験を通して「知的障害」のある作家とともに事業に取り組んできたヘラルボニーは、「ダウン症」を取り巻く先入観を取り除くべく、自宅で視聴できるドキュメンタリームービーを発表いたします。

引用:heralbony

ドキュメンタリームービー「描き、続ける。」

本ムービーは2019年12月14日(土)から2019年12月25日(水)まで開催された花巻駅自体をキャンバスと捉え直し、八重樫季良が描いたアート作品でラッピングするという日本初の実験的なプロジェクト「HANAMAKI ART STATION」の模様をドキュメンタリーに編集したもの。

作家が描いた作品をネクタイに落とし込む

ART NECKTIE
Kiyoshi Yaegashi「家」

ART HANDKERCHIEF
Kiyoshi Yaegashi

ヘラルボニーが展開しているアートメゾンブランド「HERALBONY(ヘラルボニー)」では、福祉施設に所属する作家が描いた作品をネクタイやハンカチに落とし込んで販売を行っている。
オンラインストアでは、予約開始直後から売り切れになるほどの人気となっている。

「株式会社ヘラルボニー」について

「異彩を、 放て。 」をミッションに掲げ、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す企画会社。 知的障害のある人が描くアート作品をプロダクトに落とし込み、 新しい価値の提案を目指すブランド「HERALBONY(旧MUKU)」の運営や、 建築現場の仮囲いに知的障害のあるアーティストのアート作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」、 100年後のコミュニケーションを考える「未来言語」など、 福祉を軸とした社会実験に取り組む。日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。

記事はいかがでしたか?
こちらには記事を読んで頂いた方に最も適した広告が表示されます。

〈スポンサーリンク〉